磁性鍋を使った分子ガストロノミー調理で食生活を健康にし、メタボリックシンドロームの予防と対策を。 お問い合わせ

メタボレスクッキング

 
TOP>メタボに効果!磁性鍋で分子ガストロノミー調理の実践> 磁性鍋の科学
メタボに効果!磁性鍋で分子ガストロノミー調理の実践

磁性鍋の科学

マイクロ波を遠赤外線に転換する方法

磁性素材にマイクロ波を照射し、熱エネルギーを利用する方法は既に多くの研究がある。磁性素材にマイクロ波を照射し加熱する原理は、誘導加熱、渦電流損による加熱、磁性素材のスピンの共鳴による強磁性共鳴による加熱の3種類である。

エネルギーの巨視的量子トンネル効果

マイクロ波の波長を磁性体に吸収させ赤外線、遠赤外線に波長転換する方法において、輻射する波長の領域を熱交換する物質が有する吸収波長に整合させる。すると、輻射する波長の密度が黒体輻射以上に高いとき、吸収する物質は吸収共鳴を起こし、波長の輻射、吸収による相互作用から波長が同調し、常圧の状態においてもエネルギーの巨視的トンネル効果を示す。

マイクロ波の影響と電磁波

○マイクロ波の影響
日本の家庭には電子レンジが97%普及されています。簡単で便利な機械ですが、これはマイクロ波という電磁波を使っています。このマイクロ波には、利点と欠点があります。



戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略