磁性鍋を使った分子ガストロノミー調理で食生活を健康にし、メタボリックシンドロームの予防と対策を。 お問い合わせ

メタボレスクッキング

 
TOP>メタボに効果!磁性鍋で分子ガストロノミー調理の実践> 磁性鍋と分子ガストロノミー調理
メタボに効果!磁性鍋で分子ガストロノミー調理の実践

磁性鍋と分子ガストロノミー調理

磁性鍋とその効果

 
■磁性鍋とは

電子レンジでチンするだけで、食材がおいしくヘルシーに!

磁性鍋は、電子レンジのマイクロ波を吸収し、遠赤外線に変えて調理するため素材の味をひきたて、素材そのものをおいしくします。

電子レンジのマイクロ波(GHz)の波長は強磁性に吸収され赤外線の波長に転換されるという性質を持ちます。磁性体の組成と構造によって波長転換し輻射する波長の領域と温度、エネルギー密度は変わります。

磁性鍋とは、その特長を利用して鍋の内側に独自に組成配合した磁性体(フェライト)を焼付けた陶磁器の鍋で、100%マイクロ波を遠赤外線に転換する最先端科学を駆使した調理鍋で、いわば電子レンジの便利さと土鍋の良さを持つ鍋だと言えます。

  nabetoha.jpg
分子ガストロノミー効果により、短時間で素材の味香り共に、際立った調理ができます。

○磁性鍋の分子ガストロノミー調理とは
分子ガストロノミー効果とは、食材の構造を分子レベルで考え、おいしさを追求する新しい調理法です。フランスから発祥し世界に広がりつつあります。
そもそも、電子レンジのマイクロ波による加熱は分子の摩擦によって生じる熱を利用したもので、素材の組成変化や細胞破壊を引き起こす場合があります。一方、遠赤外線加熱は分子の振動による加熱で、組成変化を起こしにくく、食材が本来持っている旨味と栄養素を壊さず、引き立てます。
img_gast02.gif
動画で見る磁性鍋のしくみ→

磁性鍋の原理

マイクロ波を増幅して、誘導輻射させる原理にメーザーの原理というものがあります。
この原理はタウンズ(Charles H. Towns)というアメリカの物理学者によって発見されたものでレーザーの原理の始まりとなったものです。

環境・エネルギー・健康の問題と磁性鍋

今のこれからの社会問題を解決する鍵は"食"にあります。
"食"のあり方を見直すことで健康、高齢化社会、日々のエネルギーや環境破壊の問題について、活路を見いだすことができるでしょう。




戦略WEB|RAYCREATION|WEB戦略